施設長より一言

令和6年度
4月

"季節の移ろい"

 桜の花が散り、園庭の木々は新緑へと、季節の移ろいは本当に早いですね。新年度が始まり1ヵ月が過ぎようとしています。新入職員は仕事に慣れてきたように感じています。

 年初におこった能登半島の地震から4ヵ月となります。災害ボランティアで現地に入った人達の話を聞くとまだまだ復旧には時間がかかりそうです。当園も本来であれば職員を派遣しなくてはなりませんが、職員体制に余裕がなくできない現状です。被災された方々が一日も早く日常の生活が営めるよう願うばかりです。

 今日からゴールデンウィークがスタートします。会社によっては10連休となるところもあるようです。しかし、福祉施設ではそうはいきません。24時間生活している利用者の安全を見守り、支援していく必要があります。しかし連休中は、日中の作業やリハビリ活動がありません。いかに有意義に時間を過ごせるよう工夫していくことが大切であると思います。開園当初からは、こいのぼりを上げ端午の節句を祝ったりした事がなつかしく思われます。

 開園42年目になります。利用者の平均年齢は56.6才となります。最高齢者は81才です。昔は成人の祝いをしていましたが、今では還暦を皆で祝うようになっています。利用する人達が、いつまでも元気で生活していけるよう願っています。

 ゴールデンウィーク中に帰宅する利用者は数名となっています。新型コロナ感染症が第5類となり1年が経過しますが、その間に当園ではクラスターとなりました。感染予防のために、保護者の皆様が一同に会することが難しい状態です。毎月面会可能な日を設けていますので、ぜひ面会に来ていただければと思います。

令和6年4月27日
施設長 長岡 均

令和5年度掲載分はこちら

令和4年度掲載分はこちら

令和3年度掲載分はこちら

令和2年度掲載分はこちら

平成31年度掲載分はこちら

平成30年度掲載分はこちら

平成29年度掲載分はこちら

平成28年度掲載分はこちら

平成27年度掲載分はこちら

平成26年度掲載分はこちら

平成25年度掲載分はこちら

平成24年度掲載分はこちら

平成23年度掲載分はこちら

平成22年度掲載分はこちら

平成21年度掲載分はこちら

平成20年度掲載分はこちら

閉じる