施設長より一言

平成29年度
4月

"平成29年度 スタート"

 4月19日、二十四節季のひとつ穀雨。春の最後、次は立夏を迎えます。穀物を育む、植物を育むための雨の頃です。今日も夜から雨の予報です。晴れた日、雨の日を繰り返し、夏を迎えようとしています。

 今年は、4月5日に江南愛の家のお花見の会を催す事ができました。園庭の桜の木の下で、食事を済ませ、午後からは荒川堤へと出掛けてきました。満開の桜ではありませんでしたが、皆な楽しめていたようです。私は、3月30日お花見に靖国神社、千鳥ヶ淵、上野公園に出掛けました。靖国神社の桜の標本木は5分咲きでしたが、他の桜はまだ見頃とはなっていませんでした。開花後の冷え込みの影響でしょうか。その後は熊谷桜堤に出掛けたり、長瀞にも出掛けました。久しぶりの長瀞では、寶登山神社に参拝し皆なの安全を祈願してきました。
桜が舞い散る頃でした。桜の木の下を散策し、お楽しみのあゆめしと秩父の地酒を堪能する事ができました。長瀞駅から岩畳に行く途中の鮎茶屋・丹一のあゆめしはとてもおいしいので寄ってみて下さい。私も花より団子ですね。桜の花が終わり、木々が萌黄色になり緑色に変わる季節の移ろいを感じられる、とてもいい季節です。

 平成29年度がスタートしました。4月には、新人職員7名(パート2名含む)が新たに加わりました。江南愛の家・職員総数58名(パート6名含む)となりました。今年度より夜勤が3名体制となります。又利用者に対する職員の配置は2.5人対1人から2.0人対1人という体制となります。利用者の安心・安全な生活とともに、重度・高齢化していく現状を踏まえての体制を整備しました。しかし、体制整備をしても職員ひとりひとりのスキルアップがないと十分とは言えません。職場内研修・職場外研修・個々の自己研鑚を併せ、資質の向上に向けて努めていきたいと考えています。私自身、江南愛の家に勤務し30年が経過し、60歳にもなりました。気持ちを新たに、江南愛の家の運営に取り組んでいきたいと思います。

 4月1日、改正社会福祉法が本格施行となります。社会福祉法人としての立場をよく理解し、社会福祉の向上に努めてまいりますので、今後もご協力よろしくお願い致します。


平成29年4月26日
施設長 長岡 均

平成28年度掲載分はこちら

平成27年度掲載分はこちら

平成26年度掲載分はこちら

平成25年度掲載分はこちら

平成24年度掲載分はこちら

平成23年度掲載分はこちら

平成22年度掲載分はこちら

平成21年度掲載分はこちら

平成20年度掲載分はこちら

閉じる